2012年11月28日

過払い金 任意整理

最近はテレビCMなんかでも過払い金の変化を進めるCMが流れています。

過払い金とは、債務者が金融業者に返済しすぎたお金のことを言います。

なぜ、このような問題が発生していたのかと言うと、利息制限法という、
法律によって金利の上限を越えた利息で貸付していたからです。

任意整理について質問です。 (消費者金融に関しては、過払いや減額は … detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1372372303

しかも、どんな大手の優良金融業者でも、過去には過払いの問題は発生していました。

現在、返済が厳しく感じている人は、任意整理と同時に過払い金請求をおすすめまします。

任意整理とは多重債務者のための救済制度であり、借金を減額してもらい、
完済を目指すと言う手続きです。

任意整理ガイド 〜 メリット・デメリット

この任意整理で引き直し計算をして過払い金が発生しているかどうかということを調べます。

なので、この段階で過払い金があった場合は、借金を減額してもらう手続きから、
過払い金請求の手続きへと変更します。

つまり、債権者との立場が逆転し、任意整理をすればどちらにしろメリットは得られるわけです。

返済が中々終わらなくて多重債務で悩んでいるという方は、任意整理をはじめてみてください。
posted by VNF at 23:31 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

借金 返済 解決

借金返済の解決で人生のリセットをするため
そして、その後のお金の苦渋から逃れる方法として
借金返済の解決にむけて考えてみましょう。

借金返済の完済、それが解決するすべてと思っていても
なかなかその借金の解決方法が生み出されない
そんなこまったちゃんがなんとこの世の中には多いことでしょう。

普段からクレジットカードや消費者金融に依存し頼りきった
生活をしていれば、借金の解決はおろか、ますます盛況に
借金の額が増え続ける一方です。

なぜ借金が減らないのか

借金返済を解決するためには、まずその蛇口の元とも言うべき
借金の源に焦点を当てて考えてみる必要があります。

それら借金の源は何か多大なものであるかもしれません。

例えば、洋服やゲーム、飲み癖、遊行に耽け
車や時計などの見栄をはったり、もしくは異常なほど
金銭をつぎ込んだりとしているかもしれません。

お金を少し持ったり、もしくはお金を借りることができれば
意馬心猿でもあり、次から次へと欲しい物を買ったり消費したり
しています。
※意馬心猿  人の心の乱れは抑えがたいこと

世の中たくさんの魅力的なものが溢れかえっていますので
無理はありませんよね。

しかし、借金返済の解決を練る上ではこれらの
出費をなるべく少なくすることが望まれます。

そしてそのあとでこそ
借金返済の相談や借金の金利の見直しなどを
はかりさえすれば、いろなことが見えてくるようにもなるでしょう。
借金の金利を減額させる!?
とかく、借金の返済においては
これくらいの困難はいつでも跳ね返せると
思っている方も多く、気がついたときには
時既に遅い場合もなきにしもあらずです。

一度、一箪之食でもって、借金返済にとりくまなければ
一陽来復の兆しもみえてこないでしょう。
※一箪之食  いったんのし    極めて粗末な食事
 一陽来復  いちようらいふく  苦しい時期が過ぎて楽になる

借金返済の解決にむけて、ぜひ努力を惜しまずに
行動をしてみてください。
posted by VNF at 22:50 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現金化 クレジットカード


※クレジットカードの現金化※クレジットカードのショッピング枠現金化※ショッピング枠の現金化について質問です。
※クレジットカード現金化・クレジット現金化・クレカ現金化・カード現金化・ショッピング枠現金 ※クレジットカードの現金化※クレジットカードのショッピング枠現金化※ショッピング枠の現金化について質問です。

※クレジットカード現金化・クレジット現金化・クレカ現金化・カード現金化・ショッピング枠現金


小さい会社でありますが経営しております。
震災の影響もあって仕事が激減し毎日知人に声をかけたりひたすら資金繰りをしております。
月末の支払いが多く、現状で取引先に支払いも遅れており今月末も支払いが困難な為、クレジットカードの現金化を利用しようと思ってます。そこでいくつか分からない事があるのですが教えてください。

@キャッシュバック・還元率というものはそのまま振り込まれるということですか?

A街の金券ショップでクレジットカードの現金化するよりお得ですか?

Bショッピング枠の現金化をすることでクレジットカード会社利用停止になりますか?

Cクレジットカードの現金化業者がもの凄いありますがいわいる悪徳業者もありますか?

Dクレジットカード現金化で騙された人いますか?

Eその後勧誘電話やダイレクトメールなどはきませんか?

Fまとまったお金が必要ですが、どこまでの金額が可能でしょうか?

G当日の振込みは可能ですか?

HYahoo知恵袋でも複数社のクレジットカードの現金化・クレジットカードのショッピング枠現金化・チケット高価買取?など
ありますがきちんと付き合える業者はありますか?

I銀行も消費者金融もどこも相手にしてもらえてない状況ですが他に資金繰りの方法があるもしくは実際にやった方はいます か?

J法人・個人どちらのクレジットカードもありますがどちらがいいですか?

K私ともう一人の小さな会社ですが妻にばれるような事はありますか?

長くなってしまいましたが今月末の支払いはなんとかできないと今後取引先の信用もなくなり状況が悪化するのは目に見えます。
自分なりにはできる事はしたつもりですが他に案がありません。
同じ境遇に過去あった方からもご意見いただきたいです。

クレジットカードの現金化とはあまりいい事とは考えませんが月末の支払いで頭がいっぱいで夜もあまり寝られません。
なんとか現状を打開したいと思います。

よろしくお願いいたします。


- 回答 -
業者さんかもしれませんが、まじめに答えさせて頂きます。

@キャッシュバック・還元率というものはそのまま振り込まれるということですか?

A.還元率はそのまま振り込まれません。95%とか書いてありますがカード手数料や、送料などで結構引かれます。(業者によって還元率は違います。)


A街の金券ショップでクレジットカードの現金化するよりお得ですか?

A.街の金券ショップで現金化した方がお得です。ただし、その場合完全に転売目的のカード利用なのでカード会社の利用規約に違反してるし、ばれる可能性も高くなります。ばれた場合、カード利用停止と一括返済がカード会社から求められます。

Bショッピング枠の現金化をすることでクレジットカード会社利用停止になりますか?

A.私は6月に友人の結婚式で入用になり利用しましたがとりあえず停止にはなっていません。

Cクレジットカードの現金化業者がもの凄いありますがいわいる悪徳業者もありますか?

A.悪徳業者も点在しています。

Dクレジットカード現金化で騙された人いますか?

A.私は騙された事は無いです。

Eその後勧誘電話やダイレクトメールなどはきませんか?

A.たまに、ダイレクトメールが来ています。電話はまだないです。

Fまとまったお金が必要ですが、どこまでの金額が可能でしょうか?

A.それも業者によって異なります。業者によっては上限なしの所もあるようです。

G当日の振込みは可能ですか?

A.ほとんどの業者が当日振込み可能です。ただし、当日の場合は還元率が下がります。

HYahoo知恵袋でも複数社のクレジットカードの現金化・クレジットカードのショッピング枠現金化・チケット高価買取?など
ありますがきちんと付き合える業者はありますか?

A.この業種事態がグレーなので、ちゃんと付き合うのは厳しいと思います。

I銀行も消費者金融もどこも相手にしてもらえてない状況ですが他に資金繰りの方法があるもしくは実際にやった方はいます か?

A.あなたの会社がどのようなものなのかわからないので、なんとも言えませんが、公庫などに相談してみては如何ですか?
あと、生命保険の解約とか…。。。

J法人・個人どちらのクレジットカードもありますがどちらがいいですか?

A.法人のカードの方が還元率が上がる所もあります。しかし、1〜3%UPが限界でしょう。。。それを考えるとどちらでも一緒かと思います。

K私ともう一人の小さな会社ですが妻にばれるような事はありますか?

A.意味がわかりません。奥さんにはばれると思いますよ。カードの請求書とかダイレクトメールとか…。。。

現金化業者には悪徳業者も点在してます。十分に気をつけないと生活どころではなくなりますよ。

参考までに比較サイトです。悪徳業者の見分け方も書いてあるのでどぞw

http://www.genkinka-link.com/

どうしても現金化するのであれば、何件か聞いてみて自分で納得して利用した方が良いと思います。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

それでは、みなさん、また!!
posted by VNF at 22:39 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

弁護士に借金相談してみよう

困った人の多くは弁護士に相談して救いを求めています。
やはりトラブルの多くは法律的に解決するのが正当で間違いのない方法です。

個人で正当性を主張しても何の根拠もなく人を動かせません。
そこに弁護士の法的な根拠が入れば誰もが納得するしかありません。

借金問題も同様な事がいえます。
個人で頑張っても誰も納得せずに軽く見られがちなのです。
ところがそこに弁護士が介入すると状況は一変します。
やはり法律に精通する弁護士は重く感じられ交渉なども進みやすくなります。

債務整理の多くは任意整理で金融業者と話し合いで解決します。
そこに弁護士が介入すれば交渉の期間と結果が大きく違ったものになります。

弁護士は成功報酬があり費用が必要なのは覚悟しなければなりません。
ですが想像以上の成果があれば報酬よりも価値があるものです。
posted by VNF at 14:05 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

即時出金(クイック出金、リアルタイム出金)または、即日出金可能なFX業者

即時出金(クイック出金、リアルタイム出金)可能なFX業者
即時出金とは出金依頼をした瞬間に自分の口座に出金されるという意味
即時出金=クイック出金=リアルタイム出金

・サイバーエージェントFX・・・・・平日8:50-14:30 即時出金(100万円まで)
・ヒロセ通商 LIONFX・・・・・即時出金 平日9:30〜14:30の間
・ことりFX・・・・・即時出金 


即日出金可能なFX業者
即日出金(当日出金)とは当日の時間内に出金依頼をしたら、当日中に出金されるという意味
即時出金とは違う

・外為どっとコム・・・平日正午まで当日出金
・みんなのFX・・・・・平日11時まで当日出金
・FXトレードフィナンシャル・・・・・平日12時まで当日出金
・カブドットコム証券・・・・・平日13:30まで当日出金
posted by VNF at 03:04 | FXの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

12/5の取引日記

全体的にリスク回避の動きが緩和してきました。

きょうのアジア株式市場はやや上昇。為替相場も円安傾向が続いています。

こうしたトレンドに順張りするのがFXの勘所。

以前、あるFX会社の社長が、FXで勝っているいる人の特徴として順張りが多いと語っていたことを思い出しながら、週明け早々、勝負しました。


ご覧のように、本日午前、ポンド円ロングでエントリーしました。

歴史的な円高となったわけですから、今月はまだまだ円安の伸びしろがあると判断し、ロング勝負を続けたいと思います。
posted by VNF at 02:13 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

12/4 今週の気になる経済指標

先週はドル円が78円台まで上昇し、円安反転が鮮明になった1週間でした。

その他の通貨ペアも円安が進行しており、今週はいよいよ円安のピッチがより強まるのかどうかが焦点となりそうです。

というわけで、週末恒例「今週の大胆展望」です。

まず、日経の市場アウトルックは「今週の円相場はわずかながらも下落(円安)する展開になりそうだ」として、市場参加者の予測は1ドル77円〜79円が中心だと報じています。

とうとう、1ドル79円という予想も出始めました。

その理由として、今週は8日のECB理事会や9日のEU首脳会議が開催されることを指摘したうえで、「欧州問題への解決期待から投資家のリスク回避姿勢が和らげば、円が売られやすくなる」と指摘しています。

今年は1年を通じて円高相場だったので、そろそろ円安に調整が本格化するのかどうか。

とても興味深い相場となります。

今週の気になる経済指標は次の通りです。(数字は市場予想)

12/5(月)
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前月比] +0.1%
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数 53.5
24:00 (米) 10月製造業受注指数 [前月比] -0.3%
12/6(火)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット 現行4.50%
19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定値 [前期比] +0.2%
23:00 (加) 加中銀政策金利発表 現行1.00%
12/7(水)
18:30 (英) 10月鉱工業生産 [前月比] -0.3%
18:30 (英) 10月製造業生産高 [前月比] -2.0%
29:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート 現行2.50%
12/8(木)
21:00 (英) BOE政策金利発表 現行0.50%
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 現行1.25%
22:30 (米) 週の新規失業保険申請件数 現行40.2万件

ご覧のように、今週は8日(木)に注目のイベントが集中しています。

今週は、8日に欧州中央銀行(ECB)理事会、9日には欧州連合(EU)首脳会議が開催されますが、市場の関心は欧州中央銀行によるイタリア国債の大量買い入れやユーロ共同債の創設です。

一連の会議で、そうした方向性が示されれば、一層、ユーロが上昇し、一時的にはユーロに対しドルが下落するかもしれませんが、8日の新規失業申請件数が改善するなど米国の景気持ち直しが確認されれば、今度はドルも上昇という流れになるかもしれません。

いずれにしても、そうした流れになれば、円はもう一段の安値になる可能性もあり、市場の空気も相当変化する可能性も出てきます。参考になった。応援→ BlogRanking

というわけで、今週の戦略です。

先週は徹底的なロング勝負で43万円の利益を計上することができましたが、今週の基本的にはロング目線で勝負したいと思います。

そのためには、まずは予測シグナルの変化に注目し、あとは海外のイベントの状況を確かめたうえで、積極的にエントリーしたいと思います。乞うご期待ください。応援→ BlogRanking
posted by VNF at 02:16 | 今週の気になる経済指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。