2011年12月05日

12/5の取引日記

全体的にリスク回避の動きが緩和してきました。

きょうのアジア株式市場はやや上昇。為替相場も円安傾向が続いています。

こうしたトレンドに順張りするのがFXの勘所。

以前、あるFX会社の社長が、FXで勝っているいる人の特徴として順張りが多いと語っていたことを思い出しながら、週明け早々、勝負しました。


ご覧のように、本日午前、ポンド円ロングでエントリーしました。

歴史的な円高となったわけですから、今月はまだまだ円安の伸びしろがあると判断し、ロング勝負を続けたいと思います。
posted by VNF at 02:13 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

12/4 今週の気になる経済指標

先週はドル円が78円台まで上昇し、円安反転が鮮明になった1週間でした。

その他の通貨ペアも円安が進行しており、今週はいよいよ円安のピッチがより強まるのかどうかが焦点となりそうです。

というわけで、週末恒例「今週の大胆展望」です。

まず、日経の市場アウトルックは「今週の円相場はわずかながらも下落(円安)する展開になりそうだ」として、市場参加者の予測は1ドル77円〜79円が中心だと報じています。

とうとう、1ドル79円という予想も出始めました。

その理由として、今週は8日のECB理事会や9日のEU首脳会議が開催されることを指摘したうえで、「欧州問題への解決期待から投資家のリスク回避姿勢が和らげば、円が売られやすくなる」と指摘しています。

今年は1年を通じて円高相場だったので、そろそろ円安に調整が本格化するのかどうか。

とても興味深い相場となります。

今週の気になる経済指標は次の通りです。(数字は市場予想)

12/5(月)
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前月比] +0.1%
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数 53.5
24:00 (米) 10月製造業受注指数 [前月比] -0.3%
12/6(火)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット 現行4.50%
19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定値 [前期比] +0.2%
23:00 (加) 加中銀政策金利発表 現行1.00%
12/7(水)
18:30 (英) 10月鉱工業生産 [前月比] -0.3%
18:30 (英) 10月製造業生産高 [前月比] -2.0%
29:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート 現行2.50%
12/8(木)
21:00 (英) BOE政策金利発表 現行0.50%
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表 現行1.25%
22:30 (米) 週の新規失業保険申請件数 現行40.2万件

ご覧のように、今週は8日(木)に注目のイベントが集中しています。

今週は、8日に欧州中央銀行(ECB)理事会、9日には欧州連合(EU)首脳会議が開催されますが、市場の関心は欧州中央銀行によるイタリア国債の大量買い入れやユーロ共同債の創設です。

一連の会議で、そうした方向性が示されれば、一層、ユーロが上昇し、一時的にはユーロに対しドルが下落するかもしれませんが、8日の新規失業申請件数が改善するなど米国の景気持ち直しが確認されれば、今度はドルも上昇という流れになるかもしれません。

いずれにしても、そうした流れになれば、円はもう一段の安値になる可能性もあり、市場の空気も相当変化する可能性も出てきます。参考になった。応援→ BlogRanking

というわけで、今週の戦略です。

先週は徹底的なロング勝負で43万円の利益を計上することができましたが、今週の基本的にはロング目線で勝負したいと思います。

そのためには、まずは予測シグナルの変化に注目し、あとは海外のイベントの状況を確かめたうえで、積極的にエントリーしたいと思います。乞うご期待ください。応援→ BlogRanking
posted by VNF at 02:16 | 今週の気になる経済指標 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

12/3 取引日記

昨夜は、今年の経済指標相場としては最後の天王山・米雇用統計が発表されました。

結果は次の通りでした。

22:30 (米) 11月非農業部門雇用者数 市場予測+12.5万人→結果+12.0万人
22:30 (米) 11月失業率 市場予測9.0%→結果8.6%

雇用者は市場予想よりも減少し、失業率は市場予想よりも改善というまだら色の結果となりました。

こういう結果が出たときは、正直、トレードは難しいです。

さて、週末の勝負はどうしたのでしょうか?

昨夜の雇用統計相場は、勝負を見送りました。

理由はいまひとつ自信を持てなかったからです。

実際、米ドル円は上昇しましたが、私が勝負しているポンド円は下落しました。

失業率の改善数値は、市場にとってはサプライズの範囲なので、米ドルが上昇するのは理解できます。

確信が持てなかったのは、ドルがポンドに対しても強含み、その流れで、ポンドが円に対しても下落する可能性があると考えたからです。

かといって、サプライズ的な改善結果なのにポンド円でショートという勝負もする気にはなれず、結局、見送ることになったというわけです。
posted by VNF at 02:17 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

12/2 取引日記

今夜は今年最後の米雇用統計です。

FXにとって、米雇用統計の発表は毎月のイベントの中で最大の天王山。

それだけに、結果を受けて上下に激しく値動きするわけですが、私が決めている鉄則は、決して結果発表前にはポジションを持たないことです。

結果と値動きを見た上で自在にエントリーする。これが天王山・雇用統計相場でリスクを減らし、利益を少しでも確実にする鉄則だと考えています。

というわけで、今夜9時前に、ポンド円ロングを利益確定しておきました。

ポンド円がちょうど上昇していたので、利益を確定する局面だと判断しました。

今回は押し目、押し目で、ポジションを追加し、上昇トレンドに乗ることができました。
posted by VNF at 02:18 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

12/1 取引日記

常日頃、FXは緩急が大切だと思っています。

トレンドがはっきりせず、自信がないときは、じっと様子見に徹する慎重さ。

一方で、トレンドが見えてきて、勝負をかけてみる大胆さ。

この2つを兼ね備えることがFXで大きく勝ち越す勘所だというのが私の勝負勘なのです。

ですから、今回のように円高から円安に局面転換を感じたときには、積極的に勝負をかけます。

勝つか負けるか、儲かるか損をするか、といったことは小さなことです。

かりに負けたとしても、ここは大きく勝負をかける局面なんだと思います。

昨夜、ポンド円ロングをさらに10枚追加し、なおも、すべてホールドしています。

目標レートも引き続き125円あたりに設定していますが、こういう勝負は決済のタイミングが大切です。

あすは週末。どこで利益を刈り取るべきなのか。慌てず考えたいと思います。
posted by VNF at 02:19 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。