2011年10月05日

レバレッジ

レバレッジの基礎知識
FXは金融機関などが行う外国為替取引を個人でも行うことができる取引です。証拠金という一定の資金(担保金)をFX会社に預け入れることで、実際よりも大きな金額の取引ができます。
この少ない証拠金で、大きな金額の取引をすることをレバレッジ取引といいます。レバレッジとは“テコの原理”のことです。みなさんも小学校の授業で、『テコの原理』を使って重い物を動かした経験があると思います。FXでも「テコの原理」レバレッジを利用することで、実際にかける力(自己資金)以上の効果を引き出し、より大きな収益を得ることができます。逆に為替レートが予想と逆にいった場合は大きな損失が出ます。

FX=危険。こういう言葉をあちこちで見ます。しかしこれは間違いだと個人的には思います。例えば外貨預金で1ドル=100円の時に1万ドルを買います。そのとき必要な投資金は100万円です(100円×1万ドル=100万円)。為替レートが1円下がると損失は1万円です。一方、FXでは証拠金10万円で1万ドルを買います。1円下がれば外貨預金と同じように1万円の損失です。

外貨預金もFXも1円下がれば同じ1万円の損失なのです。元手に対する損失額の割合が、外貨預金の場合だと1%に対し、FXでは10%になってしまいます。当たり前ですね。もともと預けている投資金が違うからです。

レバレッジを計算してみよう
さて次にレバレッジの計算方法をお話ししましょう。外貨預金はレバレッジ1倍の外貨建て金融商品という言い方ができます。外貨預金では1ドル=100円の時、1万ドルを買うと100万円の投資金が必要になります。これがレバレッジ1倍の状態です。FXで証拠金10万円を入金し1ドル=100円の時、1万ドルを買えば、レバレッジは10倍です。20万円を証拠金で使えば、レバレッジは5倍です。

では、1ドル=100円の時、1万ドルをレバレッジ100倍で買うにはいくらの証拠金が必要でしょうか?答えは1万円です。1ドル=100円のとき、1万ドルを買うために必要な投資金は100万円です。レバレッジ100倍ですから100万円÷100倍で計算すればいいのです。

レバレッジ計算は、一度覚えれば非常に簡単で計算ができるのです。FXの魅力は証拠金額で自由にレバレッジ率の大きさを変えながら、リスクリターンの大きさを変えることができるということにあります。

為替は株のように値段は大きく動きません。1年後、1ドル100円から200円になることは今のところ考えられませんよね。残念ながら1日に動いても1ドル1円位なのです。

どうしてもレバレッジ計算が苦手な方は、以下のFX会社をお勧めします。レバレッジ指定型注文を出すことが可能です。
posted by VNF at 21:41 | FXの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。