2011年09月25日

FXの取引コスト

FXの取引コストは「取引手数料」と「スプレッド」です。下記でそれぞれをご説明します。

取引手数料とはその名のとおり、通貨を買った場合、逆に通貨を売った場合にかかる手数料のことをいいます。例えばドル円を買った場合は片道取引手数料がかかり、ドル円を売った場合にまた片道手数料がかかります。ドル円を買って売って決済した場合は、合計で往復手数料がかかることになります。
デイトレードの往復手数料が無料のFX会社も多くなっているので、なるべくならデイトレードをした方がです。 スプレッドとは買う値段(OfferまたはAsk)、売る値段(Bid)の差額をスプレッド(Spread)と言います。例えば、ドル円を買う値段が110.55円、売る値段が110.50円のとき、スプレッドは5銭です。この差額も取引の時のコストになるので、スプレッドは小さければ値動きの幅が小さくても利益になります。
posted by VNF at 15:29 | FXの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。