2011年11月17日

逆指値注文

逆指値注文とは
逆指値注文とは今の為替レートよりも高く買いたい安く売りたい。または安く売って高く買いたいという注文方法です。指値注文同様に「待ち伏せ型の注文方法」です。この逆指値注文は主に、ストップロス(損失確定)に使われます。逆指値注文はIfDone注文、OCO注文、トレール注文で使われます。

指値注文は今の為替レートより安く買いたいのに対して、逆指値注文は今の為替レートよりも高く買いたいという注文方法です。それでは損ではないかと、お思いになると思います。今のドル円の為替レートは108.00位。でも110.00を上に抜けたらもっと上がるだろう、と考えた時に110.00に買い逆指値注文を出すことになります。これがトレンドで使う逆指値注文です。

逆指値注文はストップロス注文として、トレンドに乗るための注文として使うことができます。わかりやすく言うと自分にとって不利な注文を出す。これが逆指値注文であると言えます。


逆指値注文のメリットとデメリット
逆指値注文のメリットはストップロス注文(損失確定注文)として使うことができるということです。損切り注文としておもに使うことができることこそ、逆指値注文のメリットです。FXは証拠金取引のため、自分の予想に反し、為替レートが変動した場合、細かくロスカットをしていかなければ大きな含み損を抱えます。逆指値注文を使い、早めの損切りをし、再度エントリーをすることが重要です。

逆指値注文のデメリットは、スリッページが発生しやすいことです。為替レートが大きく下落しているときは、買いたい人よりも売りたい人が多いということです。売りたい人が多い中で自分も売りたい注文を出すわけですから、逆指値注文は、自分に不利なレートで約定することがあります。スプレッド分位を加味した為替レートで逆指値注文を発注するようにしましょう。


逆指値注文の具体的な取引例
逆指値注文(ストップロス注文)は次のような場合に利用します。 現在のドル円は、106円位ですが、今後103円まで下落したら損失を確定させたい(ロスカット)。 この場合は、逆指値注文の発注指定レートを103.00にします。
上記はロスカットのための逆指値注文ですが、トレンドで使う逆指値注文もありますので、上の「逆指値注文とは」をご参照ください。


逆指値注文その他重要事項
逆指値注文は、FX会社が自動ロスカットをする際にも使われます。先ほど記載しましたが、逆指値注文はスリッページが発生しやすく注意が必要です。為替相場が急落している最中に、FX会社によりロスカット注文が発動された場合は思わぬ為替レートで約定する場合があり、ハイレバレッジで取引をしていた場合は元本以上の損失が発生する場合があります。
posted by VNF at 01:33 | FXの注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。