2011年11月11日

OCO(オーシーオー)注文

OCO(オーシーオー)注文とは
OCO(オーシーオー)注文は、OCO(オーシーオー)注文は、上級者向けの注文方法です。 新規注文と同時に、決済注文を出すことができ、利食いのための指値注文、または損切りのための逆指値(ストップロス)注文を同時に発注することができます。この場合、どちらか一方が成立したら、 もう一方はキャンセルとなります。

IfDone(イフダン)注文と同様にOCO(オーシーオー)注文も新規注文が約定して、はじめて決済注文が有効となりますので、先に決済注文が約定することはありません。


OCO(オーシーオー)注文のメリットとデメリット
OCO(オーシーオー)注文は新規注文と同時に、決済注文を出すことができ、利食いのための指値注文、または損切りのための逆指値(ストップロス)注文を同時に発注することができる非常に便利な注文方法です。シンプルかつ、必要最低限の機能を兼ね備えた自動複合型注文の王様とも言える注文方法です。メリットはあるがそんなにデメリットは思いつきません。


OCO(オーシーオー)注文の具体的な取引例
OCO(オーシーオー)注文は次のような場合に利用します。 現在のドル円は、112円位なので、111円になったら新規で買いたい。同時に112円になったら利益確定の決済売り注文、および110.50のストップロスのための逆指値注文を発注したい。
決済注文では、利益確定のための売り注文、損失確定のためのストップロス注文(逆指値注文)を同時に発注することが可能です。

OCO(オーシーオー)注文その他重要事項
OCO(オーシーオー)注文では必ず、新規注文と決済注文がセットになります。決済注文には、利食いのための指値注文および、損切りのための逆指値(ストップロス)注文を同時に発注するこが可能です。 新規注文が約定して、はじめて決済注文が有効となりますので、先に決済注文が約定することはありません。また決済注文は、どちらか一方が成立したら、 もう一方はキャンセルとなります。OCO(オーシーオー)注文を発注している間は、証拠金がその分減り新規に注文を出せないことになるので、適度に発注しておいたほうがいいでしょう。
posted by VNF at 01:39 | FXの注文方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。