2011年12月03日

12/3 取引日記

昨夜は、今年の経済指標相場としては最後の天王山・米雇用統計が発表されました。

結果は次の通りでした。

22:30 (米) 11月非農業部門雇用者数 市場予測+12.5万人→結果+12.0万人
22:30 (米) 11月失業率 市場予測9.0%→結果8.6%

雇用者は市場予想よりも減少し、失業率は市場予想よりも改善というまだら色の結果となりました。

こういう結果が出たときは、正直、トレードは難しいです。

さて、週末の勝負はどうしたのでしょうか?

昨夜の雇用統計相場は、勝負を見送りました。

理由はいまひとつ自信を持てなかったからです。

実際、米ドル円は上昇しましたが、私が勝負しているポンド円は下落しました。

失業率の改善数値は、市場にとってはサプライズの範囲なので、米ドルが上昇するのは理解できます。

確信が持てなかったのは、ドルがポンドに対しても強含み、その流れで、ポンドが円に対しても下落する可能性があると考えたからです。

かといって、サプライズ的な改善結果なのにポンド円でショートという勝負もする気にはなれず、結局、見送ることになったというわけです。
posted by VNF at 02:17 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。