2011年11月22日

11/22 取引日記

きょうから東証が取引時間を午前中30分拡大しました。

しかし、市場には活気が戻らず、終値は下落。出来高も少なかったようです。

日経電子版によると、個人トレーダーには最近、現物株取引よりも先物取引が人気で、そのトレーダーたちは深夜に取引を行っているのだとか。

とくに、NYタイムでも取引できるので、欧米で発生した取引材料を元に先物で勝負しているといいますから、とうとう株式の世界もFXに近づいてきたという感じがします。

FXが人気なのは、まさに欧米の取引材料、たとえば雇用統計などを元に深夜でも取引できるという点。日本国内の材料で相場が動くことは稀になったので、こうした取引の深夜化は今後、ますます進むのかもしれませんね。

今朝はロングポジションを決済して出勤しました。

当初の想定では、利益を確定して出勤する予定でしたが、どんどん下落し、結局は損切りという格好になりました。

まあ、相場は想定外のことが時々あります。その後、ポンド円は120.10円台まで下落しましたから、結果的にはナイス損切りともいえます。

さて、今後の展開ですが、ポンド円の下落が激しいようですが、120円を割り込んだら、ロングで勝負してみようと考えています。
posted by VNF at 02:37 | トレード記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。