2011年08月29日

米ドル

世界の基軸通貨「米ドル」。ユーロとのマッチアップもその地位は揺るがず。サブプライム問題からの王者復活なるか。対円の為替レートも低い今投資家から熱い視線をあびる。


米ドルの特長
米ドルは、米国の圧倒的な経済力と軍事力を背景に、世界中の貿易や投資の決済通貨としての地位を確保している。輸出商品の8割は米ドルで価格表示がされているとも言われており、世界で最も重要な通貨基軸通貨の地位は当分続きそうだ。

米ドルの特長
●世界最大の軍事力と経済力 ●各国中央銀行の外貨準備通貨
●換金性に優れ、流動性が非常に高い ●情報が最も多く馴染みの通貨

米ドルの取引のポイント
ドル円に関して言えば、3円幅のレンジ相場を形成することが多い。特に120円、115円、110円、105円、100円と5円幅の値段の前後でレンジが出現する。その意味では短期取引をする人に魅力的な通貨であるとも言えます。1-2円下がったら買って、1-2円上がったら売るといったルールを決め取引をするようにしましょう。こうしてルールを決めて取引をすれば、トレンドが出なくても案外儲かってしまう通貨ペアだと思います。

米ドルの為替レートと金利の関係
チャートを見てもわかるとおり、ドル円は120円、110円で長くもむ特性があります。この背景には、日本の為替政策を握る財務省が、輸出企業の円高打撃を回避するために115円-120円の為替レートを口先介入で維持します。100円では日銀介入が警戒され、一方的な円高が敬遠される傾向があります。結果ドル円は、100円-120円の間の長いレンジ相場を繰り返します。2007年夏場以降、サブプライム問題により、景気後退局面に入った感のある米国の政策金利は、5%台から2%台まで下がってきています。歴史的にみて1.75%位まではあるかもしれませんが、ドル円の為替レートは、100円台で反転していくことも予想されます。

米ドルの投資スタイル適性
デイトレード派 ○
トレンド追従派 △
スワップ派   ×

米国の基本データ
人口 3億100万人 政策金利 2.25%
GDP 12兆5000万ドル GDP成長率 3.20%
一人当たりのGDP 4万2000ドル 外貨準備高 540億ドル
貿易収支 ▲7367億ドル 経常収支 ▲7915億ドル
【通貨の特長の最新記事】
posted by VNF at 03:06 | 通貨の特長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。